永守重信氏の言葉

名経営者の言葉

このコーナーでは、私の尊敬する経営者の方々の名言を記させていただき、経営者である皆様のモチベーションアップに繋がれば良いなと思っております。
 
 
本日は、私の最も尊敬する経営者の一人である、日本電産創業者の永守重信氏の名言です。
 
永守氏は日本電産をわずか3人で起業し、創業から約45年経った今では売上高1兆円を超える会社となっております。
正月の午前中以外は全て働くというモーレツ社長で、ワークライフバランスを重んじる現代には馴染まないかもしれませんが、創業者として超一流企業へと飛躍するには最も重要なエッセンスを学ばせていただいております。
 
私はこれから記す永守氏の言葉を手帳の一番最初のページに書いており、手帳を手にする度に読み自分の経営者としての心構えを律しています。
 
・すぐやる、必ずやる、出来るまでやる
 
・1日24時間という時間は、すべての人間に平等に与えられている
 
・今日のことは今日やる
 
・チャレンジのないところから、決して成功は生まれない
 
・一番以外はすべてビリと同じである
 
・人より頭が悪いと思っている人は、時間でこれを補えばよい
 ウサギでない人は、カメであれ
 
・素晴らしい人生とは
    1.今日より明日、明日より明後日はもっと素晴らしいと考えられる人生
    2.嫌なことが続くと、良いことが2倍返ってくると考えられる人生
    3.与えられたことにベストを尽くせる人生
 
・成功への道
    1.あきらめない、投げない、逃げない
    2.もう一歩だけの努力
    3.夢を持ち続ける明るさ
 
どの言葉も今時泥臭いと思われるかもしれませんが、経営に関わらず常に自分を律し努力し続けなければならないという、人として当たり前だけど継続することが難しいことを語ってくれる言葉です。
 
私自身も常に初心を忘れることなく、最初に描いた夢を持ち続けて前向きな気持ちで仕事に取組み続けようと、これらの言葉を読む度に自身に言い聞かせています。

コメント